永代供養の「永代」はどのくらいの期間?

永代供養の「永代」はどのくらいの期間? 「永代」という言葉の響きから永遠に続くイメージを持ってしまいがちですが、永代供養には一定の期間があります。大体17回忌、33回忌、50回忌をめどにしているところが多く、中でも33回忌まで遺骨を安置するケースが多いようです。一口に永代供養といっても、公営の墓、民営の霊園、寺院と運営形態が異なり期間や費用もさまざまなので事前にしっかりと下調べをして確認しておくことが大切です。
期限が終了するとほとんどの寺院や霊園では他の遺骨と合祀され供養を続けますが、それ以外にも遺骨を土に戻したり、遺骨の一部だけを残して合祀するなど様々な方法があります。この点も永代供養を決めるときに確認しておくべきポイントです。
現代人のライフスタイルに合わせた合理的かつ安心できる永代供養ですが、一定の期間があり費用もそれによって様々なので、ご自分にあった方法をきちんとポイントを押さえたうえで大切な遺骨の最後の供養場所を決めてください。

永代供養にまつわるトラブル

永代供養にまつわるトラブル 永代供養の需要は増えていますが、それに伴うトラブルも少なくないと言われています。まず挙げられるのは、親族間や家族間での意向の違いが出てくる場合があるという問題です。他の親族や家族に相談せずに永代供養の施設の見学や手続きを行うなどすると、お互いの考え方の違いにより後になって問題が起こるというケースがあります。
ですので、事前によく話し合いを行うことが重要でしょう。その他にも、生前に契約をしていたのに、それを証明する書類を無くしたり、または遺族が契約のことを知らないというケースもあるため、十分注意しておきましょう。
次に、供養を行う期間に関することについては、一度合祀が行われると再び遺骨を取り出せなくなるというトラブルがあります。個別に埋葬される場合は問題ありませんが、合祀墓と呼ばれるタイプの場合は、一定期間は個別保管されますが、それ以降は合祀墓にまとめて埋葬される形になるため、遺骨の取り出しは不可能になります。
ですので合祀墓を選ぶ場合は、いつまで個別保管がなされるのかということをちゃんと確認しておくようにしましょう。そして料金に関しては、供養の内容と料金がかけ離れているというトラブルが起こり得ます。一般的には個別タイプは高く、合祀タイプは安くなりますが、自分の希望するタイプの相場がどれぐらいなのかということを事前に調べておくことも必要でしょう。